景品セットの中に豪華なものを入れると二次会が盛り上がる

男性と女性

神前結婚式の魅力

手紙

日本の伝統的なスタイルで結婚式を挙げる和婚に注目が集まっています。ウエディングドレスに代表されるような洋風の結婚式ももちろん高い人気を誇ります。しかし、特に最近の若い人たちの間では、日本の着物を着用する古式ゆかしいスタイルが新鮮に映るというのです。白無垢や、色打ち掛けなどでも、現代風にアレンジされた着物もたくさん登場しています。ヘアスタイルも大ぶりの花のアクセサリーなどで飾って、新旧ミックスされたオリジナルの花嫁スタイルが人気となっています。和婚として式を挙げる場所としては、神社があります。神前結婚式は、日本で昔から行われているように思われがちですが、実は歴史は古くはないといいます。明治時代から始まって浸透してきたというのです。それまでは、自宅や料亭などでセレモニーを行っていたことが一般的だったといいます。しかし、和婚として今では神前結婚式がすっかり定着しています。神前結婚式では、三三九度で夫婦としての契りを交わすのが有名です。ほかには、神主さんに祝詞をあげてもらったり、巫女に舞ってもらったりと、和婚ならではの独特の式が進行していきます。また、本来は西洋式である指輪の交換も、神前結婚式で行うことができます。さすがに誓いのキスはありませんが、指輪の交換は和婚でも多くのカップルが式に取り入れているといいます。また、神社で挙げる和婚は、一般的な結婚式場に比べて、費用が安くなるケースが多いといえます。実際の神社なので、ほかの参拝客も訪れることになりますが、厳かな雰囲気の中で結婚式を挙げることができるはずです。